ABCで持ち帰ったものはジョギングと自転車?

ABC研修から持ち帰ったものの中に
ジョギングと自転車があります

ジョギングをしている人が参加者の中にたくさんいた
そしてみんな輝いていた!!
あぁ
こんな大人になりたいなぁ
すぐに影響されるのがトミーです

というわけで
今日つきみ野のサティにいってジョギングシューズを買ってしまいました!!
物から入るのがトミーです

そして
夕方
桜並木で有名な瀬谷の海軍道路をジョギング
5キロほどの距離を走ってみたら
4キロほどでへばって走れなくなった・・・
でもいい汗かいたなぁ

夏休み続けてみよう

瀬谷には境川周辺のジョギングコースもあるし
ジョギングするには恵まれているかもしれない

しばらく続けることができたら
アダム(ABCのファシリテーター)みたいにフォールディングバイクを思い切って買ってみよう!!
アダムの乗っていたバイクフライデーかっこいいなぁ

BD-1もかっこいいんだよ

でも二つとも15万ぐらいするし
安直に買ってしまうとお天道様に怒られそうだから
ジョギングが長続きしてからにしたいと思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. だちか より:

    下の、シルバー?白い?のがかっこいいね!

  2. トミー より:

    >だちか
    そう思う?
    でも簡単に買っちゃうと自分のモチベーションにならないから
    ジョギングのご褒美にしたいと思います

    でも高いよね
    普通の折りたたみは2万ぐらいだもんね

プロジェクトアドベンチャーABCプログラム言葉にならない言葉を言葉にする作業



8月4日~8月8日まで
山梨県の日野春でプロジェクトアドベンチャーの研修を受けてきました
アドベンチャーベースドカウンセリング(ABC)コースです
グループでの活動や振り返りを通して
個人やグループを目標に近づけていくことを促していくことをねらったプログラム
(うまく説明できない・・・)
それを体験しに行ってきました


・アダムとともの身の振り方
アダムはすごく優しい
ともはすごく笑顔で盛り上げる
ファシリテーターとしてというか人間としてすごいなぁと思う

人への配慮をすごくしている
小さなことでも声をかけたり
まちがえた捉え方をしないように前置きを置いたり
小さなことにも気を配っていた

仲間の意見をとっても大切に取り扱ってくれるという気がする
大事にされているという感じをすごい受ける

自分もしんちゃん(参加者の一人)のように
テクニック的なものを期待していた所もあるけれど
あのお二人を見ているとそういう表面上のものだけを見ていたらいけないなぁと思う
自分を内省して自分自身の内面を鍛えていかないといけない

あとは学習することを続けていれば
おのずと自分なりのスタイル
振り返りの言葉が出てくるような気がする

まずは表面上のことばかりに集中せずに
自分と向き合わないといけないと1日目にして思ってしまいました

これは
大学生の時に本田恵子先生のゼミでやったTグループというのに
雰囲気が似ているなぁと思ったからです
「あっ!!このままでは学べない!!」と思いました
トミーのバックボーンには本田先生の影響がとっても強いです

ちなみに
本田先生のゼミ生だった時に日野春のロープスコースに来ています
(現地に来て完全に思い出しました)





・グループの力
グループで相互作用して学んでいく力って本当にすごい!!
どうしてこれをもっと学校現場に取り入れないのだろう?
いや
そういう経験をみんなしているはずなのだけれど
それを学校の教室にあてはめようとしている人が少ない

一人では気づかない面も
なぜかみんなで学んでいくと
ひとりでに気付いていったり
仲間に教えてもらったりできる
それを実感してきました
それがまさにジョハリの窓なんだなぁ
今つながりました

楽しく学べるし自分を律することができるし
もっと追究していきたいテーマです

ただ一人で学ぶ大切さも同時に感じることができる
一人でボーっとしたり悩んだりすることの大切さ
うまい具合に学びの流れを作っていくことが大切です





・ゆったりとした学びの流れ
というわけでABCは自分で・パートナーと・4人で・全員で振り返る時間が
とってもたくさんとられていました
手法もさまざまです

参加者がABCを実際に体験していくということです
だからちゃんと自分自身のことを考えていくプロセスを経ていかないと
しっかり学べません
「本物のチームがないと、本物のファシリテーターは生まれない」
目の前に上昇していこうとするチームがあるからこそ
ファシリテーターのふるまいをリアルに見ることができる
それがABCだな


・自分を見つめること
いっぱい自分を見つめてきました
こういう活動をすると大学の時が懐かしくなります

自分の強みは
楽しまないと発揮されないことが分かりました
まずは自分が率先して楽しまないと
何にもうまくいかない

あんまり周りをつなげようとか
気を配ろうとかして
目の前にあることを楽しまないと
笑わなくなってしまったりしゃべらなくなってしまったり
そんなおもしろくない自分が表れてしまいます

周りを人たちを信じて
もっと楽しんでいかないと!!
それが一番の発見した財産かな


・出会い
すごい出会いばっかりでした
みんな人にかかわる仕事をしていて
その熱意や思いが深い
自分のやっていることに自信がなくなることもあるけれど
みんなそんな中で
おぼろげな光をつかむために頑張っているんだなぁと思いました

人は外見では分からない
心の中でみんな葛藤して進んでいるだなぁ
どんな人でも強かったり悩んだりぶつかったりして
でもちゃんと進んでいる
それを気づかせてあげなきゃ
それがその人にとって光になる
それがファシリテーション?
まあ自分にとっては学校の先生です



うまく言葉にできない体験でした
でもきっと何かの役に立つだろう!!




トミーメモ5日分

8月4日
午後
ABCイントロダクション
自己紹介(道中見つけたもの、置いてきたもの)
ペアトーク(集めている物、集まってしまった物)
ペアタグ
・狭い範囲の中で鬼ごっこ
・捕まったら相談したポーズ(トロフィー)で数える
・右回り左回りバリエーション
エネルギーパスストレッチ
・環になってストレッチ。
・誰かが違うことをやり始めたらそれを真似する
ネームバーチャルジャグル?
・ネームトスでパス、コロコロローラーでパス、環の順でベージュの服
・3つの順番で一斉にやる。
☆最初にあった時と今では何が違う?
SEL(Social and Emotional Learning)とは。
・3つの成長 認知・感情・身体
SELで学ぶ時にどんな雰囲気の学びの場を作りたいか?
→フルバリューコントラクト
  ・安全、尊重、コミットメント(一生懸命)、責任の共有
  ・参加者みんなで作る、ファシリテーターはきっかけを作る
ジャイアントシーソー
☆個人では何点?
・チャレンジバイチョイス
ルックダウン・ルックアップ
・ルックダウンで視線を下げて、ルックアップで誰かと視線を合わせる。
・視線があったら名前を言う
Zoom ReZoom
・絵を言葉を使わずに並べてストーリーにする
・次は自分のを見ないでストーリーにする
ジョハリの窓
・他の人は知っているけれど、自分は知らない領域→他者から自分へ共有(これに気づいたらもっと成長できるかもしれない)
・自分は知っているけれど、他の人は知らない領域→自分から他者へ共有
・ミステリーゾーンが減っていく、グループカウンセリングである理由
・自分気づいていない強みに気づく
フルバリュー(ビーイング?)
・安全、尊重、コミットメント、責任の共有を模造紙の隅にあらかじめ書いておく
8月5日
午前
UFO
・ボランティアが両肩をつかみ合ってUFOになる
・収容するとUFOの周りに目をつむってつながる。
・ボランティアと収容された人は触れない
☆魔法を使って完璧にできるとしたらどうしたらいい?
ハブユーエバー、ハブユーネバー
Merger(スターウォーズ、ブラックホールが来た)
振り返りチーム
・目標について
・目標づくり→モチベーション、自己認識
・目標、モチベーション、理由を明確にする→それがABC
午後
フルバリューカード(I AM ABOUTカード)で4人で
職業上の目標・・・振り返りがうまくなりたい
個人的な目標・・・聞ける人になりたい
ゴールモニターパートナーと目標の共有
・継続的に目標を理解してフィードバックをしてくれるパートナー
・目標に向かってどう進んでいるか確認してくれるパートナー
ニトロクロッシング
ニースラップ
・両隣の人の膝の上に両手を置く。
・順番に回る、反対回り、スキップ、失敗したら手を抜く
Indivisual Action PlanIAP
1、全体を通してのゴール
2、サブゴール←1よりも具体的
3、タスク 1や2のための行動
4、リソース 資源 助けてくれるもの
5、評価基準 どうしたら達成していると分かるか
(6)、報酬
SMART GOAL ゴールはグループのみんなで作っていく
ロープワーク
・シングルの8の字
・フィギュア8ループ
・リトレースフィギュア8
・ダブルフィギュア8ループ
8月6日
午前
セルフスキャン
クロスザライン
・一人で体調・気分・気持ちを表現する
・二人でどんな日にしたいか
・4人で機能しているグループを表現する
・全員で誰ものけ者にしないという表現をする
サイクロプスタグ
・片目から手で作った小さい穴をのぞき、その状態で鬼ごっこ
ウェーブストレッチ
ビューティーンクイーンチェック!!(モナーク)王様と山賊おにごっこ
目標パートナーとモールで自分の目標を作る
全体へ共有
午後
ロボットコントローラー
・一人がコントローラー、二人がロボット
・危なくなったらグループで決めた言葉を発する
個人目標のモールで共有の続き
トラストリーン
・2人組
・3人組
ポートホール
・パートナーと振り返り
アップネルソン
ポートホールの振り返りの続き
・プロセスを重視するか?それとも、目標を重視するか?
・直接的なアプローチか、それとも間接的なアプローチか(背中を見守る)
体験学習サイクル
・活動の中で何が起こったか、キーポイントは何か
・自分なりにそれを解釈して、キーポイントが自分のゴールとどう関連しているか
・それをどうするか、そう生かすか、忘れないようにどう生かすか
8月7日
午前
コピーキャット
・指だけ、体全体、ストレッチ
ネゴシエーショントライアングル
・知恵のポーズ、身体のポーズ、感覚・受容のポーズ
・3グループで相談してみんなが違うものを出す
巨人、魔法使い、妖精
・ジャンケン見たいに出して負けたらにげる
個人目標について(?)
午後
探偵ゲーム(震源地)
島めぐり(あいらんず)
・しゃべれない人を募集
・ロープを触ると目が見えなくなる
フィードバックについて
・2ストローク・・・その人の強み 1ウィッシュ・・・建設的な願い
ビレイスクール
ハイエレメント
・吊り橋渡れ
・倒木登り
・平行ロープ
温泉へGO
8月8日
蝋人形の館
・だるまさん転んだ
・スポットの上でないと止まれない
アイソメトリックストレッチ
・2人組で
・3人でクレーンストレッチ
フープリレー
・一本で
・かっこいいフープ(追いかける)VSかわいいフープ(逃げる)
ハイエレメント
・丸田わたりキャットウォーク
・パンパーポール
午後
ハイエレメント
・丸田わたりキャットウォーク
・手つなぎトラバース
・パンパーポール
むささびスウィング
・全体の振り返りつき
ヒューマンチェアー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. やっしー より:

    トミー!
    素晴らしい振り返り!
    このブログを読んで、私の中の振り返りも少し進みつつあります。

    7日のメモが出てきたので補足を。
    7日、午前の「巨人魔女妖精」のあとに「島めぐり」をして、そのあと島めぐりの振り返りをしてお昼になりました。
    振り返りのとき、「失敗」の触れ方についての話があって、トミーから「グループによってはミスを責めてしまうグループもあるけれど、それはどう対処したらいいか?」というナイスな質問があったよ。

    午後は震源地、2stroke 1wish、でそのあとハイエレメントへの流れでした。

  2. トミー より:

    >やっしー
    そうだったね

    その対処もいくつか例示してくれていたね
    「悪い所ばかりじゃなくこんないいところもあったね」(強みの面を示す)
    「私も失敗があったなぁ」(自分に攻撃を向ける)
    「それは板が悪かったなぁ」「ルールがよく分からなかったな」(物や出来事のせいにしてしまう)
    「何でもいいんじゃない(笑)」(ユーモアでかわす)

    小学校の現場だとけんかが多くなりそう
    でもそれが学びのチャンス!!
    とは分かっていても難しいっす

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。