リーディングワークショップグループインタビュー2

Nなんかブッククラブって友達と話し合って本が読めるから、すっごく楽しい。
O去年より本について考えられる機会が増えた。
中断
O去年より本について考えられる機会が増えた。
T3年生のときは時間がないの?
Oあんまり読む本とかもなかった。
N123年生のときは自学とかじゃなくて、決められてたから、宿題とかも決められてたから、読む時間がないから、でも自学は読書って書けば読書がいっぱいできて、すごく読める。
H宿題とかも音読って言われても、そのときやっている国語の教科書の音読しか宿題にならないから、飽きちゃうんだよ。だけど、今年は、音読をしなさいって決められているわけではないし、読書家やりたければ読書家できるし、好きな本読めるから、気持ちいい。(←この言葉すごいなあ)
N読む時間を失うからもったいない感じがして、自学ノートでやりたいことができるから、もったいなくない感じ。
Tじゃあ自学と読書家の時間は相性がいいの?
Nつながってる。自学、読書家ってなってる。
T読むってことが変わった?
H3年生までは読んじゃえっていう感じ。適当に読んじゃえ、みたいな感じなんだけど、読書家っていう時間があって、そこからなんだかじっくり読めるようになってきた。
T今は読んじゃえっていう感じじゃないの?
H今は分からなくても、普通にどんどんとばして読んじゃう。
N読書家っていう科目が入ると、性格が変わるっていうか、一つのことが変わるって感じ。読書嫌いだったのが、読書がちょっとだけ好きになったっていう感じ。『がつんと一発シリーズ』も、性格を劇的によくするって感じで、『かっこよくなってみないか』とか『頭が良くなる必殺読書術』とか、そういうのが性格を良くしてくれるって感じ。



T今年の読書生活はどうでしたか?
K読む本が少なくなった。本を読み返すようになった。
T詳しく聞きたいな。どうして?
K主人公とか登場人物見直したり、ここの所はもう一回読みたいなって思った所はもう一回見たり
Tそういうことあるの?
全あるある、ないない
?もう一度読みたくなる本はあるよ、あるけど、次の本が読みたい。
Tもう一回読むっていうよりかは、分からなくなっちゃったから、気になってもう一回読むって感じ?
全そうそうそうそう
TKさんは3年生のときと比べてって言ってたんだけど、
K3年生のときもちょっとあったけど、4年生になって読書家やってたら、やってみたいなと思って、やってみたらよかった。
E3年生までは平凡に読んでいただけだけれど、読書家やっていろいろな読み方があったし、
S123年生のときは、Iが本はおもしろいぞーとか言ってたの。どこが?とか思っていたんだけれど、4年生になって気づいたのは、おもしろいイコール深いんだよね。絵本はちゃんちゃんって感じだけれど、深い話になると長いわけだから、最後にはエンドになるんだけれど、山あり谷あり的な感じでおもしろいんだよね。それが、深い。
I3年生のときは普通に読んでいたんだけれど、4年生になって本の楽しさが分かってきて、それで楽しくなって読むようになったり、読書家のテクニックとかあるけど、そういうのを考えながらやってた。
Sリラックスして読んでいればいいんじゃないかなって。本は無理だろって思っていると、本と僕とね、壁ができるんだよ。4年生の最初の方でも、ぼくってすぐ飽きちゃうタイプだから、さっとね、自分の好きな本を読んでいた方がいい。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

学び方を見せる

社会が好きなのでお米について調べたいと思っています
自分の経験しているの同じルートでの取材先の発掘をします

まず
学区のお米屋さんを歩きます
そして話をします
名刺ももらっておくと後で連絡を取りたいときに便利です
子どもたちがお米の学習に一生懸命になってくると
お米の袋を集めたり
お米の生産地についてしらべたりで
足しげくお米屋さんに通う子が出てきます

そんな子が出てきてもお米やさんに失礼にならないように
事前に挨拶をしています

お米屋さんにも一般的にわたしたちのような個人を相手にしているお店と
飲食店などのお店を商売相手にしているお店があるようです
どちらもいきましたが
やっぱり個人を相手にしているお米屋さんの方が情報量も多く
見ていて楽しいです

そのような取材をしていると
熱心にやっているお米屋さんは直接農家と取引をしている所があります
つまり
生産者と直接顔を合わせてお米の話をして
そのお米を消費者に届けているお米屋さんです
自分の学区ではそういう一生懸命やっているお米屋さんが多いのが嬉しいです

そのような方は
取材をしたいというような話をすると
一生懸命やっている生産者を紹介してくださいます
特別栽培米や有機農法、無農薬など
キーワードがいろいろありますが
(そのキーワードを使ってもよい、特許が必要など、いろいろお米業界の言葉の使用についても厳しい制約があるそうです)
子どもたちにとって価値のある学習になりそうな生産者と繋いでくださいます
今連絡をとっている段階です

こう考えると
お米の流通のルートをさかのぼって取材を進めているのですね

ポイントは
このような学び方(取材)をしているということを
子どもたちにも大公開するわけです
どんなお米屋さんを回ったのか
どんな人にあったのか
どんな風景にあったのか
どんな本を読んだか
どんな話を聞いたのか

教師が学び方のお手本をしっかり説明しその姿で見せていきます
実は学習内容よりもこちらの姿勢の方が大切なのではないかと思っているほどです

子どもたちは言ってくれます
「先生楽しそうだね」
本当に学ぶこと、出会うこと、調べることが楽しいわけなので
子どもたちに笑顔で返すことができます
「学ぶって楽しいよ」と

社会科に限ったことではないです
学び方をやってみなさいと言うのは大切ですが
自分で実際にやってみて
「ああ、本当にこれは楽しそうだな!」と子どもに見せてあげないと
子どもは本当の意味でこれからの学び手には育たないと思います
自分が学ぶことを楽しんでいることを
どんどんどんどん見せていくんです

本を読むこともそう
取材をすることもそう
博物館に行くこともそう
こちらの学び方は子どもよりも優れている(と思う)ので
いつでもまねできるような状態にしておきます
それで今すぐでなくてもいい
いつか自分もやってみたいなあと感じてもらうことが
(いますぐまねしてくれたらそれは一番ベストですけれどね。無理は言いません)
自分にとっては本当の学習です。

お米
いろいろ当たってみます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。