自分の今の状況を子どもに被せてしまうこと。

忙しいと、子どもに暇を与えない学習にしてしまう

辛い時期には、子どもに辛く当たってしまう

自分がワクワクしていると、子どもにワクワクできる学びを与えられる

充実した学びができていれば、充実した学びのプロセスを示しモデルとして表現できる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。