コロニア ピニャールに響き渡る和太鼓と南十字星が輝く最も美しい夜空

 ピニャール移住地の太鼓の演奏と満天の星空を仰いで、しばらくこの2つを形容する言葉が見つからなかった。どんな言葉もこの2つ表すのには足りない感じがした。ピニャールの宿の芝生を眺めながらPCを開いたけれど、指が止まったままだった。
 日系の流れを引く子どもたちが通う「コロニアピニャール 日本語学校」ここでは、和太鼓を通じて、日本語の習得を目指している。けれどそれ以上に、和太鼓のレベルの向上や大会で優勝して日本へ行くということを目標に、高い意識をもって練習に励んでいる。

 
 最初の一打から、一瞬で心を掴まれた。
 満点の星がきらめく夜、静かなピニャールの体育館に、大小10個以上の太鼓の連打が響き渡る。太鼓の野太い音や太鼓の縁を叩く乾いた音がものすごいスピードで体育館を揺さぶっていく。空気が一瞬で子どもたちの太鼓が作る空間に支配されたようだった。
 豪雨が降り注ぐような轟音が連打されたかと思えば、しとしとと優しく土を癒やすような音がかなでられることもある。太鼓の音にこれほどの表情があるとは思わなかった。
 それにもまして、子どもたちの楽しそうな表情。力を込めてバチを振るっているにもかかわらず、子どもたちがちゃんばらをして楽しむかのような、そんな無邪気な表情を浮かべながら太鼓を叩いている。作った笑顔というより、本当に太鼓を叩くことで心が解放されているような表情だと感じた。

 演奏を終えて、子どもたちがステージから降り、わたしたちの方集まってきてくれた。ふてぶてしさが微塵もない。自分たちの太鼓を楽しんでもらえたか、そんな謙遜の気持ちすら伝わってくる。あれほどまでにすばらしい太鼓を聞かせてもらえたのに、自分たちの太鼓を聞いて「どうだ!」という高慢な気持ちがまったくなかった。
 子どもたちの笑顔が本当に眩しくて、清々しかった。どの子も、曇りのない笑顔を浮かべて、自分たちを歓迎してくれている。ブラジルの他の学校もそうであったが、このピニャールの太鼓の子どもたちは、とても肝が座っていて、落ち着いている。部外者を前にしても、恥ずかしがるやざわめいた様子がまったくない。皆が背筋を正し、太鼓の演奏を終えた澄み切った心で、迎えられた。

 あの太鼓と子どもたちの澄んだ心を前にすると、自分の心が揺れていることが、自分自身でもよく分かった。子どもたちの太鼓と笑顔を表現する言葉が見つからない。質問はないですかと蓑輪さんに振られても、みんな感動を表現していた。みんな心の中に生まれた自分自身の感情を表す言葉を探したくて、口を開いているように感じた。
 これらのことが、この子どもたちが全ブラジルで和太鼓の1位を獲得し、来日して全日本の大会で3位や5位と上位に食い込んでくる所以であろう。満足に太鼓の数や種類を揃えられないことなど、さまざまな逆境を乗り越えて、ここまで圧倒される太鼓を奏でられるピニャールコロニアに子どもたちに、完全に心を奪われてしまった。
 ピニャールの夜空は、今まで生きてきた中で最も美しい夜空だった。日本では低い位置に見えるさそり座が、空の高い位置に上り、その左側に南十字星があると教えてくれた。吸い込まれるような夜空を、ぼんやりと眺めて、頭のなかを空っぽにした。
 この夜空と広大な自然で培われた子どもたちだからこそ、純粋で美しい笑顔の子どもたちに成長するのだと実感した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。