「アメリカの教室に入ってみた」に見る視点

 日本のインクルーシブとアメリカのインクルーシブの価値観のちがいを、わかりやすく言葉にしている素晴らしい本です。分かりやすい。
 日本の教育を、アメリカの教育を、手放しに「よい」とか「わるい」とか、決めつけるのではなく、しっかり見つめていこうとする一冊。
 はたして日本の同質性を保つ指導はよくないのか、はたしてアメリカの個性を引き立てる教育は良いといえるのか。再考を迫られます。

 全部読んだら、もうちょっとレポします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。