あおしゃんの本紹介 マジック・ツリーハウス

Khamkhor / Pixabay

娘(呼ばれたい名前:あおしゃん)にインタビューしてみました。

インターネットを使って、自分の興味のあるものや大好きなものを発信する場を作ってあげたいなあと思って、実験的にあおしゃんの大好きな本の紹介を載せたいと思います。

ゆくゆくは、自分でブログをみたいなものを運営できると良いなあ。

小学生が小学生に本をおすすめするブログって見たことがないので、おもしろそうです。本だけはよく読んでいるので、きっと小学生が興味のある本を、小学生の語りで発信してくれると思います。

MasterTux / Pixabay

読んでみよう!さあ!「マジック・ツリーハウス」

マジック・ツリーハウス

一言で言うと、自分みたいな兄弟が冒険するお話だから、冒険のお話がおもしろくて、自分が冒険するみたいです。自分も冒険がしたくなって、ついつい続きを読んでしまいます。

たとえば、恐竜の国へ行ったり、ピラミッドの中に迷い込んだり、巨大なゴーストに出会ったり、原始人に会ったり、ドラゴンに会ったり、ユニコーンに会ったりします。

登場人物紹介をします。ジャックは、本が好きで、いつものんびりしています。アニーは、元気で、仲よくなれそうな動物にはすぐに名前をつけます。そして、モーガンは、最初、モーガンの住んでいる国の悪い王様に捕まっています。けれど、ジャックとアニーにモーガンが指示する4つの物を探してもらい、モーガンは助けられます。モーガンは謎の人です。

特におすすめは、第34巻のパンダ救出作戦です。なぜかというと、ジャックとアニーが動物園にいるパンダの親子を地震から助けて、別々の檻に入れられるんだけど、パンダのお母さんはどうなるかドキドキするからです。

マジック・ツリーハウスを読むと冒険が嫌いな人も冒険が好きになるし、アマゾンとか密林の話もあって、本当に虫とかに会いに行きたくなります。私が会いたいキャラクターは、江戸の日本の龍(第23巻)に会いに行きたいです。

おもしろいから読んでみなよ!!おすすめです!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。