「ハリー・ポッターと賢者の石」あおしゃんの本紹介

ハリー・ポッター楽しいよ あおしゃんの本紹介

ハリー・ポッターは、ほんのちょびっと怖い話です。ロンとハリーがハーマイオニーに会って、二人は女子トイレに行ってしまって、トロールとあってしまいます。ハーマイオニーに近づいていくトロールは、金棒をもっていて、力が強くて、すごくでかくて、一番怖いです。

でも、すごく楽しいお話です。どうしてかというと、ハリーが賢者の石を探して、魔法学校の中で三頭犬に音楽を聞かせて、眠らせて石を見つけるからです。三頭犬の賢者の石をとってきて、ダンブルドア先生に褒められました。ハリーはかっこいいと思います。ハリーはみんなができないことにも立ち向かえる子です。

私はハグリッドも好きです。ハリーが禁じられた森に行ってしまった時に、夜の森から助けてくれました。暖炉でハリーを温めてくれた人です。太っていて、やさしくて、助けてくれる人だと思います。

ハリーとロンがホグワーツにいく電車の中で、カエルチョコを食べるのですが、鼻くそ味とかうんこ味とかもあって、おもしろいです。カエルチョコはいろいろな味があるし、カエルチョコという名前もおもしろいです。その後、カードを貰います。偉大な魔女のカードを600枚集めると、プレゼントが貰えます。私もカードを貰ってみたいです。

この本は厚いですが、ゆっくりと読んでいけば、必ず全部読めます。厚い本を読むコツは、ゆっくりと読んで、登場人物の心を思い浮かべながら読むことです。すると、楽しく読めます。

映画も見てみたいです。2巻も楽しみです。

映画「賢者の石」、なつかしい!!

というわけで、あおしゃんがハリー・ポッターを読み終わった記念に、映画をダウンロードしてみました。僕も昔、映画館で見たことがあるようなきがする。

ハリー・ポッターと賢者の石 (吹替版)

これ、2001年の映画ですから、僕が大学生の時ですよ!!うちの奥さんと見たような気がしますが、前の彼女かな…?すごくなつかしかったです。

ハリー・ポッター、ロン、ハーマイオニーが小さくてかわいい。ハーマイオニー(エマ・ワトソン)なんて、美女と野獣のベル役になっていて、同じ人とは思えない!!成長ぶりがありえません。

本と映画を一緒に見るとおもしろい
あおしゃんは今までに、本と映画の両方を見て、本が読めるようになってきています。
映画を見てから本を読むと、映画が本の文字情報を補足する役割を果たしますし、逆に、本を読んでから映画を見ると、本からイメージすることは読み手によって違うということを教えてくれます。

Derks24 / Pixabay

あおしゃんが今までに映画と本を両方楽しんだものリスト
ルドルフとイッパイアッテナ
ライオンと魔女
魔女の宅急便
まだあるかも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。