永田台小学校の社会科ワークショップ

永田台小学校の研究発表に参加してきました。(といっても都合により中抜けですが)

永田台小学校は、ESD教育や働き方改革で全国へと発信している学校です。友達もたくさんいるので、お邪魔してきました。育休中に研究発表にいくのも、僕ぐらいだと思いますが。

社会科ワークショップチームも2人でお邪魔して、仲間の実践にフィードバックを送るべく、行ってきました。他の人の授業を見ることで、新しい視点で考えることができます。

社会科ワークショップは、目標、評価、スケジュールなどの枠組みを作ったあとは、リーディング・ワークショップやライティング・ワークショップと同じようにサイクルで学習し、カンファランスと学習環境の調整によってこどもたちの思考を促していきます。

Diffarentiated classroom をもっとしっかり勉強して、学習多様性を実現していきたいなあ。本時の目標ではなく、その子の目標を実現したい。標準化からの脱却です。仲間からたくさんの刺激をもらいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。