教室を自分たちの手で整えたくてうずうずする子どもたち

とりあえず教室から本をもってきました
昨年度の子どもたちが筆者やジャンルで分けてくれました
ノンフィクションやらミステリーやら
ありがたいです

同じく昨年度の子どもたちが
本の空いている所に簡単に感想や紹介文、読み方なんかを書いてくれています
これは引き続き行っていきたいです

今年は教師が狭いので
マットを敷いてのコーナーはやめます
本棚だけにして
スペースを確保

あと
狭いようならば40冊あるライオンと魔女も少しもって還ろうかなあ
厚い本はできる限り文庫に乗り換え
限られたスペースを最大限にいかせるようにしていきます

今年度の子どもたちも
早く本を本棚にしまいたくてうずうずしていますが
待て待てと手綱を引っ張っています
子どもたちは自分たちの教室をこの本で
住み心地のよいリビングルームに変えたいようです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。