ライティング・ワークショップ

綴方を読んで考えたことを言葉にしてみる

『戦後作文・生活綴り方教育論争』 『発想転換による105時間作文指導の計画化』 大内善一著 綴り方教育についての本を読んで やっぱり頭がぐちゃぐちゃになるのが自分らしいなあと思う 戦前 教科書なんて広く普及していなかった時代...
大人のための読書記録

計画と無計画の間 三島邦弘 河出書房社 2011 パート2

201 熱量を下げることに対し、きわめて無感覚な人たちを。 ●自分もそうなってしまうときがあるし、そういうことを無自覚にやってしまう人もいる。 202 最優先すべきは、どれだけ面白いか、どれだけ熱くなれるか、どれだけ夢中になれるか...
大人のための読書記録

計画と無計画の間 三島邦弘 河出書房社 2011

13 この本を読んで成功のための何かを得ることはできない。理由は明快。ぼくもミシマ社も、まったく成功者ではないからだ。 ●リーディングワークショップの本を読んでも仕事が楽になったり、子どもが急に落ち着いたりすることはない。それはまったく...
リーディング・ワークショップ

今日のリーディングワークショップの会はいろいろ刺激的でした

今日はリーディングワークショップの会がありました 今日一番大切なことは 自分のクラスの子どもたち全員に宝物を探し得たような学習へと導くことができたかということです 1年間で自分は一生懸命やった 本当に学習した 一生役に立つものをこのクラス...
ライティング・ワークショップ

作家の時間のファンレターを先生も書く

今日は作家の時間で書いた全員の作品にファンレターを書いていました といってもまだ半分も書けていないので反省ですが 今年から作家の時間のファンレターについて変更をしています 出版された作品には必ず全員がファンレターを書くということです 作品...
ライティング・ワークショップ

プライベートライティングのためにBlogを使ったらどうなるかの試験的運用

久々にブログに向き合っています 最近TwitterやらFacebookやらであまりBlogというものに興味をなくしていました ただ、単発で送られてくる情報に脈略が読めなかったり Blogの紙面の方が自分の思考を記録として残しておけるんじゃ...
子どものための読書記録

ひょんなことで三太物語と出会う

道志川を舞台にしたお話です 時代背景は戦前 子どもたちがまだモンペをきたり 先生たちが厳しくもユーモラスもある時代 これから道志川の取材に行くということで いろいろな情報にあたっていたところ 仲間の先生が道志川を舞台にした本...
大人のための読書記録

クラスづくりの極意で教師のあり方を探る

友達の結婚式があって 小田急線大和駅から南柏まで ざっと1時間半 読書に集中する時間ができた 一気に読んだしまった ページの角を折り曲げた個所が数か所にとどまらない いわせんとは何年か一緒にアイデアを出し合って リーディングワークシ...
大人のための読書記録

見よ!!大人のブッククラブで紹介された名著集

遠く愛知から来ていただけるは 仕事終わってヘトヘトだろうに駆け付けていただけるはで 大人のブッククラブはそこまで魅力があるものなのだろうか!! みなさんとの出会いに感謝 これからなんかわくわくするようなことが起きそうな予感がします アイ...
ライティング・ワークショップ

ライティングワークショップがらみでけっこうつぶやいたのでリスト

おぉ!小中高で連携したい!だった憧れのお兄さんたちに読んでもらいたいと思うから!!RT @sahirohiro: @AkihiroTomita わあ、偶然!こちらも明日ライティングワークショップの会です。中高の実践持ちより、お互い...