『社会科ワークショップ』9章・13章

dav

「第9章 もうひとりの教師――学習環境」のダウンロードはこちら

「第13章 生活科ワークショップで学習をつくりだす子どもを育てる」のダウンロードはこちら

上の2つのリンクから、『社会科ワークショップ』で載せられなかった2つの章のダウンロードができます。

9章では、社会科ワークショップを行う上で、大切になる教室内外の学習環境について、説明しています。教室環境からの支援は、教師の直接的な支援ではフォローしきれない間接的な支援を可能にします。

授業時間は45分、探究の時間も30分前後と、全ての子どもたちに支援を行き届かせるほど時間が潤沢にあるわけではありません。間接的な支援をうまく活かすことで、教師がもう一人増えたかのような、必要であり十分である支援を、子どもたちに提供することができます。しかも、子どもたちの自立心を損なうことなく、です。

13章では、生活科ワークショップで実践した1年間の流れについて、時系列で説明をしています。11章・12章と並んで、子どもたちの成長を意識して描かれた章です。

生活科とワークショップの学び方は、ねらいが近いこともあり、よく親和します。どちらも体験を大切にした学び方を目指していて、子どもたちの主体的な学習を最大限に尊重しています。1年間の実践の流れは、オーソドックスな生活科に社会科ワークショップとしての主体者意識を大切にした探究や、グループサイズの収縮と拡散を繰り返し目的を達成していく子どもたちの姿が描かれています。

 

こちらは『社会科ワークショップ』をご購入でない方にも、試読版としてもお読みいただけます。ぜひお読みいただき、ご感想などをいただけると幸いです。

以下のリンクは、社会科ワークショップのフェイスブックページです。社会科だけでなく、ワークショップという学び方について、読者の皆さんと交流できることを願っています。

Facebookグループ
『社会科ワークショップ』のメンバー112人。『社会科ワークショップ 自立した学び手を育てる教え方・学び方』のコミュニティーサイトです。読者の皆様はもちろん、ご興味のある方も、ご覧いただきたいです。9章・13章のダウンロードは、アナウンスに投稿してあります。