海外移住資料館で気付く自分の中の国際感覚の狭さ

 7月から8月にかけて、JICAの研修でブラジルに行くことになりました。開発教育を学べる年間を通じたプログラムのひとつで、ブラジルに行った後、授業実践を行って提案をおこなうような流れになっています。応募する前は、「夢の海外出張」という気軽な気持ちだったのですが、いざ行かせてもらえることになると、緊張や不安があります。別にサッカー観戦が好きだったり、コーヒーの銘柄を気にして買うようなことはないので、ブラジルの情報はとことん不足しています。

 自分を含めて10人の人が選ばれていました。対象は山梨県と神奈川県の小・中・高・特別支援等の教員。学校種も年齢も男女もうまくミックスされるように選ばれている感じです。10人しかいないのに、知り合いが2人もいて、本当に驚きました。

 今日一番勉強になったことは、ブラジルへ開拓の民として渡った移民の方たちの話です。JICA横浜には海外移住資料館が併設されています。そこを見学しました。知り合いから紹介してもらった本「アマゾンの歌」を読み途中なので、いろいろな展示や写真が「アマゾンの歌」の舞台とリンクするので、わくわくしてしまいました。
 一番興味をもったことは、日系人とは、日本人という枠組みでも、現地の国籍という枠組みでもなく、融和したアイデンティティを持っているという点です。僕の誤解は、日系人の方々は、日本人としての自分でもなく、現地のアイデンティティでもなく、苦しんでいるというイメージをもっていました。おそらく、そのように苦しんでいる方もいらっしゃるのかもしれませんが、今日写真に写っていた方々は、NIKKEIであることに自尊心をもち、新しいアイデンティティをもって、誇り高く暮らしているということです。
 戦時下では、日本人に由来があるというだけで、強制収容所に入れられたり、迫害を受けたり、また、絶対に打ち明けられない秘密であったりしたそうです。けれど、たくさんの親戚一同が集まったハワイの日系人ファミリーの写真を見ましたが、そこには、肌の色もさまざま、容姿もさまざま、年齢もさまざまな方々が、笑顔でこちらを見て写真をとっていました。過去の記憶を乗り越えて、今を充実して生きていることに心を動かされました。
 僕は、移民であるということに「ネガティブ」なイメージを持っていましたが、これも偏見かもしれません。日本という国に生まれてきて、出稼ぎ、移民とは程遠い今だから、こういうイメージをもってしまっているのかもしれませんが、実際はどうあれ、自己実現を果たそうと、夢をもって海外へ旅立っていった人たちの姿をみました。移民はポジティブな側面もあるということです。
 よく東南アジアの方々が、出稼ぎなどで他国にいって仕事をすると言う話を聞きますが、僕はこういう情報を捉え直さなければならないと思います。仕事が無いから、稼げるから、仕方がないから、そういう側面も確かに実際はあるかと思いますが、知らず知らずのうちに上から目線で見てしまっていたのかなあと。今や自分の国以外で仕事をすることが当たり前のこと。日系移民はその先駆者ですし、今も勇気をもって現状を何か改善しようと挑戦している人がたくさんいるわけです。自分の中の国際感覚を一度リライトしないといけません。
 そう考えると、今の日本はどうなのかな。今の自分はどうなのかな。考えてしまいます。

 日系の方が大切にされている言葉にOKAGESAMADE(おかげさまで)があるそうです。I am what I am because of you.(トミー訳:あなたのおかげで、いまの自分がいる。はおかげさまの翻訳だそうで、日系の方たちの気持ちを感じます。

 上の写真は移民の方が食べていた食事の展示。ランチは、ブラジルに行くので、JICA横浜の食堂でフェジョアーダを食べました。黒いんげんとベーコンの煮込み。僕にはあんことベーコンの煮物にしか見えない。ちょっとこればっかりは得意にはなれないかもしれません。

 ブラジルの移民の本リスト。
「アマゾンの歌(角田房子)」
「蒼ぼう(石川達三)」
輝ける碧き空の下で(北杜夫)」




 

昔やったストレングスファインダーが出てきた。自分で見ても自分って本当にしょうがない・・・と思う

大人のための読書記録

昔やったストレングスファインダーが出てきた!!

おれって本当に自信過剰・・・

友達のみなさんすみません・・・

自分だけの特長的な資質

The Gallup Organizationが長年に渡って実施してきた調査によると、仕事を最も効果的に行うのは、自分の強みと行動を理解している人たちです。 このような人たちは、仕事や家庭生活で日々求められていることをやりこなす戦略的な能力に優れています。

自分にどのような知識やスキルがあるかを確かめることによって、基本的な能力はわかりますが、自分の本来の資質に気付き理解することによって、どのような行動を取ることで将来成功を収められられるかがわかります。

「自分だけの特長的な資質」のレポートは、あなたのStrengthsFinderの結果に基づき、上位5つの資質を強い順に並べたものです。 全34項目中、これらの資質があなたの強みの上位5つです。

「自 分だけの特長的な資質」は、資質を最大限に活かし、将来の成功につなぐ手がかりとなります。 個々の資質に着目したり全体を概観することで、自分にどのような資質があるかをよく把握することができ、さらにそれらを強みとして成長させ、仕事やプライ ベートの両面で一貫してよい結果を得ることができます。

最上志向

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。このように、この自然に長所を見分ける力は、他の人から人を区別していると見られるかもしれません。あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。 あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実り も多いのです。そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

収集心

あなたは知りたがり屋です。あなたは物を収集します。あなたが収集するのは情報――言葉、事実、書籍、引用文――かもしれません。あるいは形のあるもの、例えば切手、野球カード、ぬいぐるみ、包装紙などかもしれません。集めるものが何であれ、あなたはそれに興味を引かれるから集めるのです。そしてあなたのような考え方の人は、いろいろなものに好奇心を覚えるのです。世界は限りなく変化に富んでいて複雑なので、とても刺激的です。もしあなたが読書家だとしたら、それは必ずしもあなたの理論に磨きをかけるためではなく、むしろあなたの蓄積された情報を充実させるためです。もし旅行が好きだと したら、それは初めて訪れる場所それぞれが、独特な文明の産物や事柄を見せてくれるからです。これらは手に入れた後、保管しておくことができます。なぜそれらは保管する価値があるのでしょうか? 保管する時点では、何時または何故あなたがそれらを必要とするかを正確に言うのは難しい場合が多いでしょう。でも、それがいつか役に立つようになるかどうか誰が知っているでしょう。あらゆる利用の可能性を考えているあなたは、モノを捨てることに不安を感じます。ですから、あなたは物や情報を手に入れ、集め、整理して保管し続けます。それが面白いのです。それがあなたの心を常に生き生きとさせるのです。そしておそらくある日、その中に役に立つものが出てくることでしょう。

自我

あなたは、他人の目にとても重要な人間として映りたいのです。もっとはっきり言えば、あなたは認められたいのです。あなたは聴いて欲しいのです。あなたは目立ちたいのです。あなたは知られたいのです。具体的には、あなたの持ち前の強みによって人に知られ、評価されたいのです。あなたは、信頼でき、プロフェッショナルであり、そして成功している人として、尊敬されたいと感じています。同時に、あなたは信頼でき、プロフェッショナルで、成功している人とだけつきあいたいのです。もしそういう人でないと、あなたは彼らがそうなるまで圧力をかけるでしょう。彼らがそうならないなら、あなたは彼らを置いて先へ進むでしょう。独立心の強いあなたは、仕事を単なる仕事そのものではなく、自分の人生そのものにしたいと考えています。そしてその仕事の中で、 好きなようにやらせて欲しい、又は自分のやり方でやるための余地を与えて欲しいのです。あなたのこのことに対する熱い思いは非常に強く、あなたはこれらを実現しようとします。ですからあなたの生活は、強く求める目標、成果、地位であふれています。何に焦点を当てていようとも――一人によって異なりますが ――あなたの「自我」という資質は、中途半端から優秀な状態へとあなたを向上させ続けます。これが、あなたをより向上させ続けている資質なのです。

自己確信

自己確信は自信と共通する点があります。心の奥深くで、あなたは自分の強みを強く確信しています。あなたは自分は絶対出来る――リスクを取ることができ、新しい挑戦をすることができ、そして最も重要なこととして成果を出すことができる――ことを確信しています。ただし、自己確信は単なる自信を越えるものです。自己確信という資質に恵まれたことで、あなたは自分の能力だけでなく判断力にも自信を持っています。自分の周りを見た時、あなたは自分の見方が独自かつ独特であると強く思います。そして、あなたと全く同じ見方をしている人は誰もいないので、あなたに関する事について決定を下せる人はあなたしかいないと絶対に信じています。何を考えるべきかは、誰もあなたに指示できません。彼らはヒントを与えることはできるでしょう。助言することもできるでしょう。しかし、あなただけが、結論を出し、何をするかを決定し、行動する権限を持っています。この権限、更にはあなたの人生に関する最終的な責任を 取ることを、あなたは決して怖がりません。むしろ、あなたには当たり前に感じられるのです。状況の如何に関わらず、あなたは何が正しい決断であるかをいつも知っているようです。この資質は、あなたに確信に満ちた貫禄を与えます。他の人と異なり、いくら説得力があっても、あなたは他の人の主張に安易に左右されることはありません。この自己確信という資質は、あなたの他の資質の持ち方によって、表面に現れたり現れなかったりしますが、その資質は強くしっかりと あります。船の竜骨のように、それは方々からの攻撃に耐えて、あなたが進路からはずれないようにします。

学習欲

あなたは学ぶことが大好きです。あなたが最も関心を持つテーマは、あなたの他の資質や経験によって決まりますが、それが何であれ、あなたはいつも学ぶ「プロセス」に心を惹かれます。内容や結果よりもプロセスこそが、あなたにとっては刺激的なのです。あなたは何も知らない状態から能力を備えた状態に、着実で計画的なプロセスを経て移行することで活気づけられます。最初にいくつかの事実に接することでぞくぞくし、早い段階で学んだことを復誦し練習する努力をし、スキルを習得するにつれ自信が強まる――これがあなたの心を惹きつける学習プロセスです。あなたの意欲の高まりは、あなたに社会人学習――外国語、ヨガ、大学院など――への参加を促すようになります。それは、短期プロジェクトへの取組みを依頼されて、短期間で沢山の新しいことを学ぶこと が求められ、そしてすぐにまた次の新しいプロジェクトへに取組んでいく必要のあるような、活気に溢れた職場環境の中で力を発揮します。この「学習欲」という資質は、必ずしもあなたがその分野の専門家になろうとしているとか、専門的あるいは学術的な資格に伴う尊敬の念を求めていることを意味するわけではありません。学習の成果は、「学習のプロセス」ほど重要ではないのです。

コメント