A Mindset for Learning

クラス全体で会話することで、構成的な振り返りの習慣をつくる

クラス全体で会話することで、構成的な振り返りの習慣をつくる 12章、最終章、読み切りました!! やっと、読み終わりました。育休前から読み始めて、やっぱり仕事をしながらだと、どんどん優先順位が下がってしまって、結局8月までかか...
A Mindset for Learning

リフレクション それは、生きるために学ぶために成長するエンジン 

第11章 リフレクション それは、生きるために学ぶために成長するエンジン 振り返り論。私達の教室の振り返りは、教師の計画通りの振り返りや、教師が成績をつけるための振り返りなどが多く、本質的な「自己評価力をつけるために」「自...
A Mindset for Learning

カンファランスによって子ども自身が目標を設定する

カンファランスによって子ども自身が目標を設定する 第9章 ダイジェスト版 この賞では、子どもたちが目標を持って取り組むことが、マインドセットを育てる上でも大切であることを訴えています。 マインドセットの目標は、数値化できな...
ワークショップ

ワークショップは遊び場 ワークショップとDifferentiated Instructionの関係 Part.2

ワークショップとDifferentiated Instructionの関係 Part.1 ワークショップは遊び場 ワークショップは、複線型というイメージよりも、学習エリアを設定するイメージです。遊び場を設定するイメージで捉えてい...
大人のための読書記録

『いま、地方で生きるということ』 西村佳哲

いま、地方で生きるということ 西村佳哲 僕はこの西村佳哲さんの、なんとなく淡々とした書き口が、自分にはしっくり来ています。 価値観を提示するわけではなく、読者にあまり味付けをしないで、そのままの食材をかじってごらんと提供する感じ。 ...
ワークショップ

ワークショップとDifferentiated Instructionの関係 Part.1

ワークショップとDifferentiated Instructionの関係 作家の時間や読書家の時間に代表されるワークショップという学び方。これは、子どもたちの多様性に応じた教え方として、イギリスやアメリカなどで一般的になっている、D...
ワークショップ

カンファランス・アプローチ ワークショップの学び方のエッセンス

カンファランス・アプローチとは 作家の時間(ライティング・ワークショップ)や読書家の時間(リーディング・ワークショップ)、または、僕が今熱を入れて実践している歴史家の時間も含めて、ワークショップの学び方は、基本的にカンファランス・アプロ...
ワークショップ

作家の時間や読書家の時間といった学び方、ワークショップって何?

ワークショップってどんな学び方なんでしょうか? 僕がワークショップと出会ったのは、2007年の冬ころでした。そこから、かれこれ10年以上、ワークショップについて考えてきました。 悩みも合ったり挫折も合ったり、全く極めた感じは実感...
大人のための読書記録

計画と無計画の間 反応と応答の差

計画と無計画の間 1回目の研究授業が終わった。 だらだらとした指導案も書いたが、指導案は少なくていい。可能性が計画で押し狭められてしまう。 それよりも、やっぱり授業というのは、計画と無計画の間に価値があるように思う。 ...
A Mindset for Learning

ちょうどよいゴールを設定して、マインドセットの成長をドライブさせよう

ちょうどよいゴールを設定して、マインドセットの成長をドライブさせよう ダイジェスト ダニエル・ピンクのモチベーション3.0は読みましたか? 彼は、報酬や懲罰によるモチベーションではなく、もっと本質的な内発的動機づけによるモ...